大津市歴史博物館

大津の歴史データベース

大津の歴史事典

 分野:遺跡   地区:滋賀

南滋賀町廃寺

みなみしがちょうはいじ

大津京関連遺跡の一つ。昭和3年(1928)と16年の発掘調査で、南門、金堂、講堂が南北に並び、塔と小金堂が向かい合う川原寺式の伽藍配置を確認。また出土遺物から7世紀後半の白鳳時代から平安時代末期まで存在していたことが判明。現在公園内に礎石の一部が残る。国指定史跡。

交通アクセス

京阪電車石坂線南滋賀駅下車、山手へ徒歩10分

関連事項

榿木原遺跡 


南滋賀町廃寺
公園内に残る塔の心礎