大津市歴史博物館

大津の歴史データベース

大津の歴史事典

 分野:史跡   地区:膳所

膳所城跡公園

ぜぜじょうあとこうえん

膳所城は慶長6年(1601)の築城。別名を石鹿(せきろく)城といい、本丸が琵琶湖に突き出た水城の構造をもつ。膳所藩主本多家6万石の居城としてその雄姿を誇ったが、明治3年(1870)に廃城となった。城門などの遺構は市内の神社他十数カ所に移築され、本丸跡は公園となっている。

交通アクセス

城跡公園へは京阪電車石坂線膳所本町駅下車、湖岸へ徒歩8分


膳所城跡公園
膳所城跡公園
膳所神社表門 重文
膳所城跡公園
篠津神社 重文
膳所城跡公園
芭蕉会館の櫓
膳所城跡公園
粟津の番所跡