大津市歴史博物館

大津の歴史データベース

大津の歴史事典

 分野:人物

天智天皇

てんじてんのう (626〜671)

626年に飛鳥で生まれる。即位前は中大兄皇子。同母弟に大海人皇子。大友皇子は天智の子。645年、中臣鎌足とはかり、当時権力を握りつつあった蘇我入鹿を暗殺したことは有名。663年、白村江の戦い(唐・新羅連合軍との戦い)で敗れた中大兄は、戦後唐の侵攻に備えるため、近江大津宮(大津京)に遷都(667年)、その翌年に即位し、天智天皇となった。大津京時代、庚午年籍(日本最初の戸籍)の作成や時を告げる漏刻の設置で知られる。即位4年後の671年崩御。その翌年に壬申の乱が勃発し、大津京は廃絶した。