大津市歴史博物館

展示・イベント

大津京

 天智2年(663)、日本は百済(くだら)を救援するため朝鮮半島へ出兵した。しかし、日本軍は白村江(はくすきのえ)の戦いで唐・新羅(しらぎ)連合軍に大敗し、日本はいつ唐軍に攻められるかという緊迫した状況を迎える。こうした東アジアの情勢の下、天智6年(667)、天智天皇によって飛鳥から近江への遷都が行なわれる。大津京の誕生である。国の中心となった大津京では、初の戸籍「庚午年籍(こうごねんしゃく)」の編成などの政治改革が進められた。しかし、天智10年(671)、天智天皇が崩御すると、翌年大友皇子と大海人皇子との間で壬申の乱が起こり、乱後再び飛鳥へと遷都される。大津京はわずか5年余りの都であった。




大津宮中枢部建物復原模型

 この模型は、昭和49年以降、これまでに実施された発掘調査の成果をもとに作成したものである。(監修:林博通 滋賀県立大学教授)
 大津京の中心建物である大津宮内裏正殿と南門、その周囲をめぐる塀と回廊を復原している。長らく不明で「幻の都」と呼ばれた大津宮の所在地は、昭和49年の発掘調査でようやく確定され、以後関連調査が実施されてきた。平成18年度のリニューアル時に、平成5年以降の発掘成果を反映し、新たに後殿の建物を追加した。


模型の平面まで視線を下げて見ると立体的に見えます。一度来館して試してみてください。

歴史事典:天智天皇大津京

大津宮と周辺寺院

 大津宮跡と考えられている錦織(にしこおり)遺跡の周辺では、少なくとも4ヶ所で同時期の古代寺院が発見されている。穴太二丁目を中心に所在する穴太廃寺(あのうはいじ)、滋賀里西方山中にある崇福寺跡(すうふくじあと)、南滋賀集落内の南滋賀廃寺(みなみしがはいじ)、園城寺前身寺院の4寺院である。これらの寺院は大津宮をとり囲むような形で交通の要衝(ようしょう)に配置されていることから、大津京の京域を考える上で注目すべき遺跡である。

崇福寺跡

 『扶桑略記(ふそうりゃっき)』によると、天智7年(668)に天智天皇の勅願(ちょくがん)で建てられた寺院で、大津宮の乾(北西)にあったとされる。寺院跡は滋賀里西方山中の3つの尾根上に位置する。昭和3年及び13年に発掘調査が実施され、北尾根に弥勒堂(みろくどう)、中尾根に塔と小金堂(しょうこんどう)、南尾根に金堂と講堂(こうどう)が配置されていることが明らかとなった。現在北・中尾根の建物群を崇福寺に、南尾根の建物群を桓武天皇が天智天皇追慕(ついぼ)のために建立した梵釈寺(ぼんしゃくじ)とする説が有力である。

歴史事典:崇福寺跡

穴太廃寺

 穴太廃寺は白鳳(はくほう)時代(7世紀後半)を中心として平安時代まで存続した寺院である。発掘調査において2時期の伽藍(がらん)が重なって発見された。創建寺院は完成していたかは不明であるが、穴太周辺に残る古い地割に沿って建てられた、法起寺(ほっきじ)式あるいは川原寺(かわらでら)式の伽藍配置をもつ寺院である。再建寺院は大津への遷都に伴い、建物の主軸を大津宮関係の建物の方位にあわせ、法起寺式伽藍配置で建て替えられた寺院とみられる。

歴史事典:穴太廃寺跡

崇福寺塔心礎納置品

 中尾根の塔基壇(とうきだん)の地表下1.2mにある塔心礎(とうしんそ)側面の小孔から舎利容器(しゃりようき)や荘厳具(しょうごんぐ)が出土した。舎利容器は金銅製外箱、銀製中箱、金製内箱と瑠璃(ガラス)壷からなり、それを中心に、周囲に鉄鏡・無文銀銭・銅鈴・硬玉(こうぎょく)製丸玉などが置かれていた。

崇福寺塔心礎納置品(複製)


南滋賀廃寺

 南滋賀廃寺も崇福寺跡と同様、大津宮の所在地を究明する目的で、昭和初期に2度発掘調査が実施された。その結果、中門(ちゅうもん)から延びる回廊(かいろう)が金堂に取り付き、この回廊に囲まれて、金堂の南に東西両塔、金堂の北に講堂、その北に食堂(じきどう)を配置する薬師寺(やくしじ)式伽藍が想定された。その後発掘調査が進み、食堂と講堂の東西に僧坊(そうぼう)の存在が指摘され、また、基壇が正方形とならない西塔を西金堂とみて、川原寺式の伽藍配置とみる考えが一般的となった。


歴史事典:南滋賀町廃寺

南滋賀廃寺出土瓦

 南滋賀廃寺創建期の軒丸瓦の文様には2つの系統がある。1つは複弁(ふくべん)八弁蓮華(れんげ)文軒丸瓦で川原寺出土軒丸瓦と似ている。もう1つは、蓮華文方形軒瓦である。軒丸瓦のデザインは、一般的に蓮の花を真上から見たものであるが、この方形軒瓦は蓮の花を横から見たもので、「さそり瓦」というニックネームを持つ。また、奈良時代のものとみられるが、蓮華文の周辺に飛雲文を配した鬼瓦も出土している。


歴史事典:榿木原遺跡

大津宮の復原

 大津宮の所在は長い間不明であったが、昭和49年(1974)に錦織地区で実施された発掘調査で大津宮の建物の一部とみられる遺構が発見され、その所在が明らかになった。以降、周辺地域で発掘調査が実施され、内裏(だいり)南門(なんもん)、内裏正殿(せいでん)、内裏後殿(こうでん)、長殿(ちょうでん)、回廊(かいろう)、塀などの遺構が確認された。また、天皇が住まいした内裏については南北約240mと推定されるようになった。このようにして復原された大津宮中枢部分の建物配置は、大阪市の上町(うえまち)台地(だいち)に造営された前期難波宮(なにわのみや)(白雉3年(652)に完成した難波長柄豊碕宮(なにわながらとよさきのみや)と考えられている)の建物配置に類似している。

歴史事典:天智天皇大津京


壬申の乱と瀬田橋

 天智天皇が大津宮で崩御(ほうぎょ)すると、翌年その皇位継承をめぐって大友(おおとも)皇子と大海人(おおあま)皇子との間に壬申の乱が勃発(ぼっぱつ)した。戦いは大和と近江を主戦場とし、最後の決戦が「瀬田橋」で行われた。ここでは激しい戦いとなったが、湖西を南下し大津宮に迫る大海人皇子軍の別働隊もあり、挟み撃ちにあった近江朝廷軍は壊滅する。
 この壬申の乱の舞台となった橋の遺構が唐橋遺跡の発掘で発見された。7世紀中頃と考えられる第1橋は、現在の瀬田唐橋の南約80m地点で発見され、橋の構造は組み立て式の重厚な造りであった。


歴史事典:瀬田唐橋大友皇子|弘文天皇陵|葬り塚