大津市歴史博物館

展示・イベント

企画展案内

第73回企画展
田上てぬぐい−暮らしと文化−
平成29年
7月22日(土)〜8月27日(日)
《大津京遷都1350年記念》 企画展
大津の都と白鳳寺院
平成29年
10月7日(土)〜11月19日(日)
本多氏入封400年記念企画展
膳所城と藩政―築城から幕末十一烈士事件まで―
平成30年
3月3日(土)〜4月15日(日)

これまでの企画展・ミニ企画展の一覧 >


第73回企画展
田上てぬぐい−暮らしと文化−
平成29年 7月22日(土)〜8月27日(日)

ミニ企画展イメージ

 大津市の南部に位置する田上(たなかみ)盆地は、豊かな田園の広がる農村です。かつてこの地方で使われていた手ぬぐいは、年齢にあわせた模様が染められ、正装にも使われるかぶり物でした。この手ぬぐいをはじめ、田上地方の衣生活の諸相、またかつての生活文化について紹介します。
「田上てぬぐい」の詳細情報


《大津京遷都1350年記念》 企画展
大津の都と白鳳寺院
平成29年 10月7日(土)〜11月19日(日)

ミニ企画展イメージ

 天智天皇6年(667)、大津に都が置かれました。本年は遷都1350年の節目の年になります。それを記念して、宮殿内に仏殿があったことで知られる近江大津宮にちなみ、仏像や瓦など、7〜8世紀の様々な仏教に関わる文化財を展示し、華やかだった仏教文化の香りを紹介したいと思います。
「大津の都と白鳳寺院」の詳細情報


本多氏入封400年記念企画展
膳所城と藩政―築城から幕末十一烈士事件まで―
平成30年 3月3日(土)〜4月15日(日)

ミニ企画展イメージ

 平成29年度は、元和3年(1617)に本多康俊が膳所に入封して400年の節目の年にあたります。それを記念し、本展では、膳所城と城下町の構造や藩主本多氏と家臣団、藩校教育、膳所焼、そして幕末動乱のなかで発生した膳所十一烈士事件などについて、絵図面や屏風、古文書などのさまざまな資料によって紹介します。



これまでの企画展・ミニ企画展の一覧 >