大津市歴史博物館

展示・イベント

企画展案内

第78回企画展
フェノロサの愛した寺 法明院 -三井寺北院の名刹-
2019年 3月2日(土)〜4月14日(日)
第79回企画展
大津南部の仏像−旧栗太郡の神仏−
2019年 10月12日(土)〜11月24日(日)
第80回企画展
大津絵−ヨーロッパの視点から−
2019年 10月12日(土)〜11月24日(日)
重要文化財「大津百艘船関係資料」指定記念企画展(第81回企画展)
江戸時代の琵琶湖水運
2020年 2月29日(土)〜4月12日(日)


※企画展・特別展はその都度別途料金を定めます。
※諸般の事情により、各展覧会・展示は、中止あるいは内容が変更されることがあります。
※ご来館の際には、最新の情報を改めてご確認ください。

ご来館の際には、最新の情報を改めてご確認ください。

これまでの企画展・ミニ企画展の一覧 >


第78回企画展
フェノロサの愛した寺 法明院 -三井寺北院の名刹-
平成31年 3月2日(土)〜4月14日(日)

企画展イメージ

 長等山の中腹に位置する法明院は、園城寺(三井寺)の僧房の一つとして、享保8年(1723)、義瑞性慶(1667-1737)によって開かれました。以降、山内唯一の律院(戒律を主として学ぶ寺院)として栄え、数多くの宝物が今に伝えられています。本展では、法明院にゆかりのある様々な宝物を展示し、その歴史を紹介します。
「フェノロサの愛した寺 法明院」の詳細情報


第79回企画展
大津南部の仏像 −旧栗太郡の神仏−
2019年 10月12日(土)〜11月24日(日)

企画展イメージ

 大津市の瀬田川から東の地域は、かつて栗太郡と呼ばれていました。その栗太郡は現在の草津市や栗東市、守山市の一部も含んでいます。この地域には田上山や金勝山など著名な霊峰があり、古代から仏教・神道の信仰が厚く、今なお多くの文化財が現存しています。本展では、大津市南部周辺に伝わる仏像や仏画などを紹介します。


第80回企画展
大津絵 −ヨーロッパの視点から−
2019年 10月12日(土)〜11月24日(日)

企画展イメージ

 2019年4月24日から6月15日まで、パリ日本文化会館において、ヨーロッパ初となる大規模な大津絵展が開催されます。それを記念して、本館でも大津絵展を開催します。特に、近代における欧米での日本文化の受容のなかで、大津絵の表現がどのように受け止められ、影響を与えたのかに焦点をあて、江戸時代や近代の大津絵を作品や写真パネルで紹介します。


重要文化財「大津百艘船関係資料」指定記念企画展(第81回企画展)
江戸時代の琵琶湖水運
2020年 2月29日(土)〜4月12日(日)

企画展イメージ

 豊臣秀吉によって創設された大津百艘船は、江戸時代、大津から積み出される物資や人の輸送を独占し、他浦との抗争を繰り返しながら、琵琶湖水運の担い手として展開しました。本展では、大津百艘船仲間で保管されてきた歴史資料が重要文化財に指定されたことを記念して、これらの資料を中心に、江戸時代の琵琶湖水運史の全貌を紹介します。



※企画展・特別展はその都度別途料金を定めます。
※諸般の事情により、各展覧会・展示は、中止あるいは内容が変更されることがあります。
※ご来館の際には、最新の情報を改めてご確認ください。


これまでの企画展・ミニ企画展の一覧 >