大津市歴史博物館

展示・イベント

ミニ企画展案内

第150回ミニ企画展
大津の仏教文化18 叡山文庫の仏像史料
2019年
1月22日(火)〜3月3日(日)
第151回ミニ企画展
平成30年度新収蔵品展
2019年
4月23日(火)〜6月9日(日)
第152回ミニ企画展
石田友汀 知られざる技巧派御用絵師
2019年
6月14日(金)〜7月28日(日)
第153回ミニ企画展
お盆と地獄・極楽
2019年
7月30日(火)〜8月25日(日)
第154回ミニ企画展
フェノロサとビゲロー −三井寺に遺る史料から−
2019年
8月27日(火)〜9月29日(日)
第155回ミニ企画展
江若鉄道−思い出の品々−
2019年
10月1日(火)〜12月1日(日)
第156回ミニ企画展
大津祭−近年の修理事業から−
2019年
12月3日(火)〜2020年1月19日(日)
第157回ミニ企画展
古墳づくりの終焉−大津の終末期古墳−
2020年
1月21日(火)〜3月1日(日)


※ミニ企画展は常設展示観覧料でご覧いただけます。(参照:> 利用の手引き)
※諸般の事情により、各展覧会・展示は、中止あるいは内容が変更されることがあります。
※ご来館の際には、最新の情報を改めてご確認ください。

これまでの企画展・ミニ企画展の一覧 >


第150回ミニ企画展
大津の仏教文化18 叡山文庫の仏像史料
平成31年 1月22日(火)〜3月3日(日)

ミニ企画展イメージ

 比叡山延暦寺の宝庫、叡山文庫には、延暦寺の長い歴史に関わる様々な史料や聖教が膨大に伝わっています。今回はそのなかから、桃山時代の山門復興に携わった七条仏師資料をはじめとした、仏像の歴史に関わる史料を紹介します。

「叡山文庫の仏像史料」出陳一覧 

第151回ミニ企画展
平成30年度新収蔵品展
2019年 4月23日(火)〜6月9日(日)

ミニ企画展イメージ

 博物館では、購入・受贈・受託などによって、収蔵品の充実につとめています。今回は、和邇北浜の慶長検地帳をはじめ、近江八景眺望図など、平成30年度に新たに収集した資料の数々をお披露目します。
なお、昨年度に収集した資料は以下のリンクで紹介しています。スペースの都合上、すべてを展示できませんが、参考にご覧ください。
平成30年度の新収蔵品

 

第152回ミニ企画展
石田友汀 知られざる技巧派御用絵師
2019年 6月14日(金)〜7月28日(日)

ミニ企画展イメージ

 円山応挙や原在中らを輩出した石田幽汀。その長子、友汀(ゆうてい・1756〜1815)も、当時の狩野派様式の使い手としては随一の存在でした。一方で、名所図会の挿絵など、町絵師的な分野まで進出した御用絵師であり、大津でも作品を残しています。そんな彼の大作を紹介します。

 

第153回ミニ企画展
お盆と地獄・極楽
2019年 7月30日(火)〜8月25日(日)

ミニ企画展イメージ

 毎年7月もしくは8月の15日を中心に、お盆と呼ばれる行事があります。お盆では、あの世から祖霊を迎え、食べ物などをお供えし、またあの世へお送りします。今回は、お盆の時期に併せて、昔のお盆やあの世の様子を紹介します。

 

第154回ミニ企画展
フェノロサとビゲロー −三井寺に遺る史料から−
2019年 8月27日(火)〜9月29日(日)

ミニ企画展イメージ

 明治時代にアメリカから来日し、日本美術の宣揚に力を注いだフェノロサやビゲローは、特に三井寺とは積極的に交流を結んでいました。今回は、三井寺に伝わるフェノロサとビゲローの関連史料を紹介します。

 

第155回ミニ企画展
江若鉄道 −思い出の品々−
2019年 10月1日(火)〜12月1日(日)

ミニ企画展イメージ

 昭和44年(1969)に廃線になった江若鉄道は、2019年で廃線から50年の節目を迎えます。博物館にご寄贈・ご寄託いただいた、当時の写真や関係資料を中心に、営業当時の鉄道の一端を紹介します。

 

第156回ミニ企画展
大津祭 −近年の修理事業から−
2019年 12月3日(火)〜2020年 1月19日(日)

ミニ企画展イメージ

 大津祭の曳山を彩る染織品は、いずれも近世の大津町人が力を入れて調えた作品ばかりです。ただ、経年による劣化から近年、復元新調事業が進められてきました。この展示では新旧作品を比較展示し、保存と継承の現状を紹介します。

 

第157回ミニ企画展
古墳づくりの終焉 −大津の終末期古墳−
2020年 1月21日(火)〜3月1日(日)

ミニ企画展イメージ

 古墳時代後期、6世紀になると、古墳は小規模になりながらも、その数は一気に増えていきますが、その後7〜8世紀初めには古墳づくりが終焉を迎えます。大津市域内の後期古墳と数少ない終末期古墳から、古墳時代の終わりを見ていきます。

 


※ミニ企画展は常設展示観覧料でご覧いただけます。(参照:> 利用の手引き)
※諸般の事情により、各展覧会・展示は、中止あるいは内容が変更されることがあります。
※ご来館の際には、最新の情報を改めてご確認ください。



これまでの企画展・ミニ企画展の一覧 >