大津市歴史博物館

大津れきはくオリジナル大津絵壁紙 2021

大津絵のおしゃれな壁紙ができました!!当館収蔵品の大津絵の中から毎月1種類を選んで壁紙を公開します。
PCデスクトップ用とスマートフォン用があります。ぜひダウンロードして使ってください♪


10月 大津絵「長刀弁慶」

10月の壁紙は、「長刀弁慶」が登場。長刀を構えて地面に突き立て、七つ道具を背負った弁慶が、力強く表現されています。「長刀弁慶」の画題は、奥州平泉の衣川(ころもがわ)の戦いで主君の源義経を守り抜いて立ち往生した弁慶を描いたとされ、慈悲の心の大切さを説く意味合いが込められています。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

 

9月 大津絵「外法の梯子剃り」

敬老の日にちなんで長寿にまつわる大津絵を紹介します。「外法(げほう)」は、七福神のひとつ福禄寿(ふくろくじゅ)の異名です。長い頭にハシゴをかけて、大黒天に髪を剃ってもらっています。財力(大黒天)の世話なくしては長寿も保てぬ、という風刺ですが、十種大津絵に選ばれ健康長寿の護符となりました。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

 

8月 大津絵「雷公」

遠雷、 雷神、 雷鳴、 落雷・・・。入道雲が湧きあがる夏の日は、夕立と雷がつきものです。
大津絵にも雷様が登場します。しかし、彼は大事な太鼓を落としてしまい、慌てて錨(いかり)で釣り上げようと、雲から落ちそうなほど焦っている滑稽なキャラクターとして描かれています。そんなどこか可愛らしさを感じさせる「雷公」は、雷除けの護符としても効能があるとされていました。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

 

7月 大津絵「為朝」

7月の壁紙は、剛弓の名手かつ超荒武者の「為朝」です。
彼は保元の乱で敗れ、伊豆諸島に流されましたが、八丈島では天然痘が流行せず、為朝の武威が退散させたと信じられました。また彼の無双の大弓(2.55m)は「運の強弓」として知られました。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

     

6月 大津絵「傘さす女」

梅雨の時期にふさわしい、しっとりとした大津絵です。
「傘さす女」は、宝永6年(1709)刊行の『大津 追和気』にも紹介されており、大津絵の中では古くから描かれていた美人画の画題です。傘をさし、高下駄を履いて凛と構える立ち姿は実に優雅で、まるで肉筆浮世絵風の美人画です。本作は保存状態が極めて良く、描かれた当時のような絵の具の発色が印象的です。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

     

5月 大津絵「鍾馗」

端午の節句には「鍾馗(しょうき)」の出番です。
厄よけ・疫病よけに頼られた中国の神で、宋代には、年越しに鍾馗像を門口に貼り、清代には、端午の節句に鍾馗像を掛けるようになりました。江戸時代の日本でも、鍾馗の幟(のぼり)や武者人形が造られ、端午の節句で用いられるようになりました。
大津絵には18世紀中ごろから描かれ始めました。大きくデフォルメされた髭(ひげ)が一番の特徴で、天を突くかのように長く伸びています。厳めしい表情と出で立ちで、厄を近づけまいとする威厳を表現している訳ですが、19世紀作のこの鍾馗像は、デザインの簡略化が進み、親しみを込めて「鍾馗さん」と呼び掛けたくなるかわいらしさがあります。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

     

4月 大津絵「藤娘」

春に見ごろを迎える藤の花に合わせ、「藤娘」の登場です。
「鬼の念仏」とならび、大津絵を代表する画題のひとつです。美人画風の画題は、大津絵の早い時期からいくつか描かれていますが、その中で最も長く描き続けられたのが藤娘です。その当初は、藤を担ぐ遊女を描いたものでしたが、のちに若さや美貌のはかなさを暗示するようになりました。また良縁を結ぶ護符としても人気だったそうです。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

     

3月の壁紙 大津絵「猫と鼠」

春の陽気に誘われたような、愉快な「猫と鼠」を紹介します。
天敵である猫の前で、大きな瓢箪の酒を、これまた大きな杯から調子良く飲む鼠。猫はしめしめ、鼠に箸でつまみの唐辛子まで勧めて、油断しきった美味しそうな鼠をいつ食べてやろうかと、舌鼓を打ちながら狙っています。はたして鼠の運命は・・・?!
酒に呑まれて我を忘れることを戒める大津絵です。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

     

2月の壁紙〔特別編〕 大津絵「鬼のマスク念仏」

大津市の広報誌『広報おおつ』2021年2月1日号の表紙を飾った大津絵「鬼のマスク念仏」です。掲載後、多くのお問い合わせをいただいたことから、大津絵壁紙の1枚として公開します。
この画像は、大津市歴史博物館所蔵の鬼念仏に、マスクを着せたように加工したものです。元の絵は、18世紀前半、いまから約300年前に描かれたもので、幕末には子どもの夜泣き止めや、疫病退散のお守りとして使われました。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

     

2月の壁紙 大津絵「鬼鼠柊」

大きな鬼が小さなねずみに怯える様が滑稽な大津絵です。
ねずみは、その黒い色や、大黒天がまつられる台所に出没することから、大黒天の使いとされ、またそのシンボルともされています。そんなねずみが魔除けに効果があると信じられ、節分には家の戸口を守る柊をくわえています。つまりこの大津絵は大津絵流の節分の「福は内、鬼は外」なのです。魔除け・厄除けとして、立春におうちで飾っていたのでしょう。ちなみに現存する作品はたいへん希少です。

PC向け

     

スマートフォン向け

     

     

1月の壁紙 「松に鷹」

松の枝にとまる鷹を描いた、新年にぴったりの家運隆盛を願うおめでたい大津絵です。
「鷹」は珍しい画題で、「松に鷹」のほかに、止まり木(架=ほこ)にとまる鷹狩り用の鷹を描いたものがあります。
紙の継ぎ方などから、18世紀に規格化された半紙2枚継ぎの世俗画大津絵が定着する以前の古い作だと考えられます。

PC向け

     

スマートフォン向け