大津市歴史博物館

お知らせ

壬申の乱1350年記念企画展
 大友皇子と壬申の乱
開催期間 令和4年(2022年)10月8日(土曜)から11月23日(水曜・祝日)まで

---

 本年は、672年の壬申の乱から1350年という節目の年です。日本古代史上、最大の争乱といわれる壬申の乱は、大友皇子と大海人皇子による皇位継承の争いでした。
 大友皇子は、大津に都を遷した天智天皇の長子で、太政大臣の地位にあり、近江朝廷の中心人物でした。一方、天智天皇の弟・大海人皇子は、天智天皇の晩年に政権中枢を離れて吉野宮へ退きながらも、多くの支持を得て兵を集め、乱の勝者となりました。その後、再び都を飛鳥に移し即位した天武天皇は、天皇を中心とした国づくりを進めていきました。
 国史として編纂された『日本書紀』は、壬申の乱の経緯を詳しく伝えますが、大友皇子の最後の地は「山前」と記されるのみです。後世、大友皇子は即位の有無が議論になるとともに、埋葬地についても異説や伝承が多数みられ、時代によって認識が変化していきました。
 本展では、古代の壬申の乱から、明治政府によって大友皇子が弘文と諡号され、弘文天皇陵が定められた近代の動向までを、各地の出土品や歴史資料から紹介します。


企画展インフォメーション

  
タイトル 壬申の乱1350年記念企画展(第88回企画展)
「大友皇子と壬申の乱」
会期 令和4年(2022年)10月8日(土曜)から11月23日(水曜・祝日)まで
開館時間 午前9時から午後5時まで(展示室への入場は午後4時30分まで)
休館日 月曜日(10月10日を除く)、10月11日(火曜)、11月4日(金曜)
年間の休館日カレンダーをご確認ください
会場 大津市歴史博物館 企画展示室A
主催 大津市歴史博物館
後援 朝日新聞大津総局、e-radio、NHK大津放送局、共同通信社大津支局、京都新聞、KBS京都、産経新聞社、時事通信社大津支局、(株)ZTV滋賀放送局、中日新聞社、日本経済新聞社大津支局、BBCびわ湖放送、毎日新聞大津支局、読売新聞大津支局
観覧料 一般:800円(640円)、高校生・大学生:400円(320円)、小学生・中学生:200円(160円)
※企画展観覧料で、常設展示もご覧いただけます。
※()内は、前売り、15名以上の団体、大津市内在住の65歳以上の方、大津市内在住の障がい者の方、大津市内在住の介護保険の要介護者・要支援者の方の割引料金(証明できるものをご提示ください)。
※前売り券は、当館受付では10月7日まで販売し、大津市内観光案内所(大津駅・石山駅・堅田駅前)で9月10日から11月23日まで販売します。
※文化財家族参観事業(家族ふれあいサンデー)について、企画展は対象になりません。

---

---




以下から、チラシのダウンロードができます。

企画展「大友皇子と壬申の乱」チラシ A3両面【6.7MB】



企画展関連講座

会期中に、関連講座を開催いたします。
聴講には、事前申込が必要です。申込方法や料金など、詳しくは講座・講演会情報をご覧ください。

           
2022年
 10月10日(月曜・祝日)
14時から15時30分まで
記念講演会「壬申の乱とその時代」
 講師:早川 万年 氏(元岐阜大学教授)
 ※会場:大津市役所別館1階大会議室
 10月15日(土曜)
14時30分から16時まで
れきはく講座「あのね、壬申の乱ってね…」-1350年の伝言ゲームと宮滝遺跡の調査前史-
 講師:中東 洋行 氏(吉野歴史資料館学芸職員)
 11月5日(土曜)
14時30分から16時まで
れきはく講座「壬申の乱の『山前』を考える」
 講師:松浦 俊和 氏(元大津市歴史博物館長)
2022年
 10月27日(木曜)
 午後
現地見学会「近江大津京関連史跡をめぐる(滋賀里〜錦織)
 11月10日(木曜)
 午後
現地見学会「壬申の乱伝承地をめぐる」(瀬田唐橋周辺)
2022年
 10月28日(金曜)
11月12日(土曜)
 14時から(40分程度)
スライドトーク「大友皇子と壬申の乱」 ※講堂での展示解説 
講師:本館学芸員

主な展示作品

1.壬申の乱

 『日本書紀』に記された壬申の乱とその前後の経緯を取り上げながら、各地の関連遺跡を紹介します。
 構成は、(1)天智天皇と大津宮 (2)大津宮周辺の古代寺院
             (3)壬申の乱の経過と関連遺跡 (4)天武天皇と飛鳥浄御原宮

  
---

小倉遊亀 或る御神像 滋賀県立美術館蔵
(石坐神社の天智天皇・大友皇子・宅子媛像を描いた)

---

大津宮周辺の古代寺院出土瓦


 
---

石神遺跡出土の鉄鏃 奈良文化財研究所蔵

---

宮滝遺跡(吉野宮跡)出土の土器
奈良県立橿原考古学研究所蔵

---

川原寺裏山遺跡出土の方型三尊せん仏
明日香村教育委員会蔵


 

2.大友皇子と弘文天皇

 壬申の乱の敗者となった大友皇子について、『日本書紀』に即位記事はないものの、平安時代以降の文献では、即位したとするものが複数みられ、江戸時代には、『大日本史』や『長等の山風』などで大友皇子即位説が取り上げられました。明治3年7月24日、明治政府は「大友帝」へ「弘文天皇」と諡号をおくり、歴代天皇に加えています。

  
---

大友皇子像 法傳寺蔵
※展示期間:10月8日〜30日


 

3.弘文天皇陵の探索と決定

 明治政府の公式見解として大友皇子が歴代天皇に加えられたことで、弘文天皇陵の探索が始まり、明治10年に現在の長等山前陵に決定されました。
 弘文天皇陵の候補となった場所は、大津市内のほか、京都府乙訓郡大山崎町、岐阜県関ケ原町藤下など複数にわたります。また、千葉県では、地元の伝承地について建言書を出すなど活発な治定活動がありました。

  
---

葬り塚図(膳所茶臼山古墳)法傳寺蔵

---

錦織村皇子山略図(滋賀県行政文書明せ99〈79〉)
滋賀県立公文書館蔵

---

別所村亀丘図(公文録より)国立公文書館蔵
※展示期間:11月8日〜23日


 

 

壬申の乱1350年記念事業(大津市内)

詳しくは長等創作展示館・三橋節子美術館ホームページをご覧ください。

 
2022年
 10月29日(土曜)〜11月23日(水曜・祝)
「鈴木靖将が描いた壬申の乱絵画展」
 11月3日(木曜・祝)
13時30分から15時まで
「鈴木靖将氏講演会と大津京コンサート」
 11月6日(日曜)
13時30分から14時30分まで
講演会「大友皇子とその遺跡」
 講師:大友暢 氏(愛荘町立歴史文化博物館学芸員)