大津市歴史博物館

展示・イベント

れきはく講座・講演会


講座日程

日本フェノロサ学会共同開催講座
富田幸次郎と日本

2024年3月1日(金) 14時~15時30分
大津市・京都橘大学「大津市内中世遺跡詳細分布調査に関する覚書」調印記念ミニシンポジウム(文化財保護課共催)
琵琶湖湖西地域の中世-宇佐山城・坂本城とその周辺-

2024年3月2日(土) 14時~16時
叡山學院共同開催 特別公演
第12回 叡山學院 聲明公演

2024年3月6日(水)  14時~15時30分頃
古文書リレー講座①
江戸時代の古文書を読む -地域史料から『源氏物語』関連史料までー

2024年3月9日(土)  14時~15時30分
大津絵ワークショップ
大津絵でオシャレなプチ掛軸づくり

2024年3月10日(日)  10時~12時
古文書リレー講座②
戦国・織豊期の古文書を読む -大津に関わった武将たち-

2024年3月16日(土) 14時~15時30分
ワークショップ
「オリジナル花押を作ろう」(午前の部)

2024年3月20日(水・祝) 10時~11時30分
ワークショップ
「オリジナル花押を作ろう」(午後の部)

2024年3月20日(水・祝) 14時~15時30分
古文書リレー講座③
鎌倉・室町期の古文書を読む ―中世の大津を生きた人々-

2024年3月23日(土) 14時~15時30分
特集展示「源氏物語と大津」関連イベント
講談「紫式部と月と源氏物語」・特集展示スライドトーク

2024年3月31日(日) 18時~19時
特集展示「源氏物語と大津」関連イベント
講談「紫式部と月と源氏物語」・特集展示スライドトーク

2024年4月7日(日) 18時~19時

> これまでの講座・講演会の一覧


れきはく講座・講演会

日本フェノロサ学会共同開催講座
富田幸次郎と日本
講師:橘 しづゑ氏(東京女子大学非常勤講師)
2024年3月1日(金) 14時~15時30分

京都市出身の富田幸次郎(1890~1976)は、東洋美術コレクションで名高い米国ボストン美術館のアジア部長を、戦前・戦中・戦後の32年間(1931~1963)という長きにわたって勤めた人物です。彼は岡倉覚三最後の弟子と伝えられつつも、岡倉周辺の人物としてただ一人その境遇や業績がこれまでわかっていなかった人物です。本講座では、その波乱に満ちた生涯を振り返ってみたいと思います。
【定員】 100人 【申込締切】 2024年2月15日(木) 【参加料】500円 (カード会員は250円)

受付を終了しました。

大津市・京都橘大学「大津市内中世遺跡詳細分布調査に関する覚書」調印記念ミニシンポジウム(文化財保護課共催)
琵琶湖湖西地域の中世-宇佐山城・坂本城とその周辺-
講師:南健太郎氏(京都橘大学准教授)、本市職員
2024年3月2日(土) 14時~16時

大津市では、令和5年度より京都橘大学と協定を結び、坂本城跡の湖中の状況や宇佐山城跡の調査を始めました。坂本城跡の湖中石垣、宇佐山城の石垣、その他の状況について、改めて分布調査や測量調査による資料化を行い、調査・研究のためのデータの蓄積を目的としています。このシンポジウムでは、これまでの調査・研究の現状をお話ししたうえで、今後の調査に向けた展望について考えてみたいと思います。
「下阪本地域の近年の発掘調査成果」(本市文化財保護課職員)
「文献資料から見る戦国時代の坂本地域」五十嵐正也(本館学芸員)
「宇佐山城跡・坂本城跡の調査成果と今後の展望-陸上・水中からのアプローチ-」南健太郎氏(京都橘大学准教授)
【定員】 100人 【申込締切】 2024年2月15日(木) 【参加料】無料

受付を終了しました。

叡山學院共同開催 特別公演
第12回 叡山學院 聲明公演
講師:演者:叡山學院修学生 約20名
2024年3月6日(水)  14時~15時30分頃

「聲明(声明 しょうみょう)」とは、経典などに節をつけた仏教音楽のことです。最澄や円仁がもたらした「天台聲明」の美しい音色は、幻想的な宗教音楽として世界的にも有名です。本公演は、天台宗の僧侶を養成する「叡山學院」の聲明修学成果を発表するものです。約20名の若い僧侶の迫力ある歌声による、平安時代から続く伝統的な宗教音楽をお楽しみ下さい。
【定員】 30人 【申込締切】 2024年2月21日(水) 【参加料】500円 ※カード会員割引なし

受付を終了しました。

古文書リレー講座①
江戸時代の古文書を読む -地域史料から『源氏物語』関連史料までー
講師:高橋大樹 (本館学芸員)
2024年3月9日(土)  14時~15時30分

大津市域に伝わる江戸時代の古文書をテキストに、基本的な読み方やくずし字にふれる入門講座(初級編)です。主に、「村」(村落)に関わる古文書を取り上げ、当時の支配や人々の暮らしについて考えます。また、特集展示「源氏物語と大津」にも関わる地域史料(伊香立の融神社関連史料)も取り上げます。
【定員】 100人 【申込締切】 2024年2月21日(水) 【参加料】500円 (カード会員は250円)

受付を終了しました。

大津絵ワークショップ
大津絵でオシャレなプチ掛軸づくり
講師:ミヤケマイ氏(美術家)、横谷賢一郎(本館学芸員)
2024年3月10日(日)  10時~12時

民藝運動の提唱者であった柳宗悦は、無名の絵師が手掛けた無垢で達者な筆づかいをみせる大津絵を大変愛し、チェック柄やストライプ柄などのオシャレな各地の自然布を用いて掛軸に表装して、自宅にも飾っていました。今回は、お気に入りの包装紙や千代紙、色紙などを持ち寄り、A4サイズの大津絵コピーを使って、オシャレに表装し、大津絵のプチ掛軸をつくりましょう。オリジナル表具で自作の絵画を発表している著名美術家のミヤケマイさんが、みなさんの表装にアドバイスをしてくれます。
※色紙・千代紙は当館でも用意していますが、お好みのものをお持ち下さい。
【定員】 15人程度 【申込締切】 2024年2月27日(火) 【参加料】500円
申込について

古文書リレー講座②
戦国・織豊期の古文書を読む -大津に関わった武将たち-
講師:五十嵐正也 (本館学芸員)
2024年3月16日(土) 14時~15時30分

六角承禎、丹羽長秀、豊臣秀吉、浅野長吉、新庄直頼、京極高次、徳川家康…。彼らはいずれも戦国~織豊期の武将です。誰もが知っている超有名な人物から、残念ながら知名度があまり高くない人物までいますが、彼らは全員大津に関わる人物です。本講座では、彼らと関係のある古文書を紹介し、彼らが大津にどのように関わったかを解説します。
【定員】 100人 【申込締切】 2024年3月1日(金) 【参加料】500円 (カード会員は250円)
申込について

ワークショップ
「オリジナル花押を作ろう」(午前の部)
講師:本館学芸員
2024年3月20日(水・祝) 10時~11時30分

毎年恒例のオリジナル花押作りワークショップです。古文書を鑑賞していると、本人の署名を示す「花押(かおう)」というサインがあることに気付かれる方も多いでしょう。この花押は、名前の漢字部分を組み合わせてみたり、一字をデザイン化してみたり、時代の流行や廃れによって様々な型がありました。本ワークショップでは、花押の歴史を通じて、古文書や歴史学の楽しみ方を体感するために、ご自身の花押を作っていただき、最後に缶バッチにします。
【定員】 25人 【申込締切】 2024年3月6日(水) 【参加料】500円
申込について

ワークショップ
「オリジナル花押を作ろう」(午後の部)
講師:本館学芸員
2024年3月20日(水・祝) 14時~15時30分

毎年恒例のオリジナル花押作りワークショップです。古文書を鑑賞していると、本人の署名を示す「花押(かおう)」というサインがあることに気付かれる方も多いでしょう。この花押は、名前の漢字部分を組み合わせてみたり、一字をデザイン化してみたり、時代の流行や廃れによって様々な型がありました。本ワークショップでは、花押の歴史を通じて、古文書や歴史学の楽しみ方を体感するために、ご自身の花押を作っていただき、最後に缶バッチにします。
【定員】 100人 【申込締切】 2024年3月6日(水) 【参加料】500円
申込について

古文書リレー講座③
鎌倉・室町期の古文書を読む ―中世の大津を生きた人々-
講師:吹上竜司 (本市文化財保護課技師)
2024年3月23日(土) 14時~15時30分

延暦寺や園城寺、石山寺などをはじめ、大津市域には日本の中世に大きな影響を与えた寺社が多くあります。そこに残された古文書を見てみると、僧侶・武士・商人など様々な人が登場していますが、その書き様は立場や身分によって大きく変わります。本講座では市域に残る中世文書から、当時の大津を生きた人々の様子を読み解きます。
【定員】 100人 【申込締切】 2024年3月6日(水) 【参加料】500円 (カード会員は250円)
申込について

特集展示「源氏物語と大津」関連イベント
講談「紫式部と月と源氏物語」・特集展示スライドトーク
講師:出演:旭堂南風(きょくどうなんぷう)氏
2024年3月31日(日) 18時~19時

[プロフィール]滋賀県在住唯一の講談師。滋賀県立石山高校、龍谷大学卒業後、様々な仕事、ラジオ、演劇などを経て48歳で4代目旭堂南陵に弟子入りし講談師となる。講談とは、歴史などの物語を語る話芸。講談を通じて様々な寄席やコラボも主催している。

 旭堂南風氏による『源氏物語』の世界観を表現した講談の公演です。公演終了後には、本館学芸員による特集展示「源氏物語と大津」の見どころ解説もおこないます。
※桜の時期の夜間ライトアップに合わせたイベントです。3月23~24日・30~31日、4月6~7日の週末は夜間開館として、歴史博物館は20時まで開館しています。
【定員】 100人 【申込締切】 2024年3月15日(金) 【参加料】無料 (常設展示観覧券が必要です)
申込について

特集展示「源氏物語と大津」関連イベント
講談「紫式部と月と源氏物語」・特集展示スライドトーク
講師:出演:旭堂南風(きょくどうなんぷう)氏
2024年4月7日(日) 18時~19時

[プロフィール]滋賀県在住唯一の講談師。滋賀県立石山高校、龍谷大学卒業後、様々な仕事、ラジオ、演劇などを経て48歳で4代目旭堂南陵に弟子入りし講談師となる。講談とは、歴史などの物語を語る話芸。講談を通じて様々な寄席やコラボも主催している。

 旭堂南風氏による『源氏物語』の世界観を表現した講談の公演です。公演終了後には、本館学芸員による特集展示「源氏物語と大津」の見どころ解説もおこないます。
※桜の時期の夜間ライトアップに合わせたイベントです。3月23~24日・30~31日、4月6~7日の週末は夜間開館として、歴史博物館は20時まで開館しています。
【定員】 100人 【申込締切】 2024年3月27日(水) 【参加料】無料 (常設展示観覧券が必要です)
申込について

申込について

  • ホームページ上のweb申込(れきはく講座申込みフォーム)、またはハガキでお申込みください。
  • 1回の申込みで、複数の講座、複数名でのお申込みが可能です。
  • 講座ごとに締切日が異なりますので、ご注意ください。
  • web申込の場合は、申込者のメールアドレスが必要です。各講座の「web申込はこちら」のページへ進み、注意事項をご確認のうえ必要事項を記入して、締切日までにお申込みください。
  • ハガキの場合は、普通ハガキに下記(1)(2)を記入して、締切日必着でお送りください。
      (1) ご希望の講座名と日付
      (2) 参加希望者全員の郵便番号・住所・氏名・電話番号
    【送付先】 住所:〒520-0037 大津市御陵町2番2号
  • 申込受付期間内に申込フォームが表示されない方は、メールでも受付しますので、下記のEメールアドレスへ、必要事項を記入してお送りください。Eメール:info@rekihaku.otsu.shiga.jp(講座申込み専用アドレス)※表示のアドレスをコピーして送信する場合は、@を半角にしてください。  

抽選と参加証

  • 申込み数が定員を超える場合は締切日後に抽選をおこない、その結果をお知らせします。
  • 当選・落選いずれの場合も、web申込(メール含む)の方にはご登録のメールアドレスへ、ハガキ申込の方にはハガキでお知らせします。
  •  
  • 講座開催日の直前になっても結果が届かない場合は、博物館へお問い合わせください。

その他

  • 諸般の事情により、各講座は、中止あるいは内容が変更されることがあります。