大津市歴史博物館

刊行物・グッズ

グッズ

下記の刊行物・グッズは、館内ミュージアムショップにて販売しております。
郵送での販売もいたしておりますので、詳しくは博物館までお問い合わせ下さい。
TEL (077)521-2100




大津絵クリアファイル(大津絵・近江八景)
1枚 200円
 
【表】鬼の念仏 【裏】提灯と釣り鐘

大津市歴史博物館の館蔵品の中でも人気の高い大津絵のクリアファイルです。博物館所蔵の大津絵をモチーフに、キャラクターの持ち物を文様のようにあしらっています。1枚もので、表は「鬼の念仏」、裏は「提灯と釣鐘」のデザインです。


ミニチュアかまど柄てぬぐい
1本 700円
 

日本手ぬぐいの伝統的な染め方「本染め」で作った、博物館のオリジナ手拭いです。大津市内には、古墳時代の終わりごろの群衆墳から、ミニチュアサイズのかまどが見つかっています。これらは渡来系の人々の風習と考えられているもので、大津市以外ではあまり例がありません。てぬぐいは、その「ミニチュアかまど」をイラストにして可愛くあしらっています。


大津絵手ぬぐい
1本 700円
 

大津絵の鬼の念仏と藤娘をあしらった、博物館オリジナルの日本てぬぐいです。大津絵のシンボル的な存在の二人をモダンにデザインしつつ、伝統的な手拭い柄の豆絞りを全体にあしらっています。また、日本手ぬぐいの伝統的な染め方「本染め」で作りました。

 


浮世絵「大津宿」絵はがきセット
1セット(8枚組) 600円
※分売はありません。
 

日本を代表する浮世絵師、歌川広重(1797-1858)。
近江の名所風景も、傑作とされる東海道五拾三次【保永堂板】をはじめ、多数描いています。この絵葉書セットでは、当館所蔵の広重作品の中から、大津宿を描いたものをまとめました。


木曾海道六拾九次之内 大津
【伊勢利板】
東海道五拾三次之内 大津
【保永堂板】
東海道五拾三次之内 大津
【山庄板】
東海道五拾三次 大津
【丸清板】
東海道五拾三次 大津
【佐野喜板】
五十三次 大津
【村市板】
五十三次名所図会 大津
【蔦吉板】
双筆五十三次 大津

「大津絵」絵はがきセット
1セット(8枚組) 600円
※分売はありません。
表紙
鬼の念仏 藤娘 弁慶 鬼鼠柊
外法の梯子剃 提灯と釣鐘 猫とねずみ 十三仏

浅井忠「大津絵」絵はがきセット
1セット(8枚組) 400円
※分売はありません。

京都における洋画黎明期に多大な足跡を残した浅井忠(1856〜1907、号は黙語)の図案を集めた、『黙語図案集』(明治42年発行)の中で紹介されている、皿の図案として描いた大津絵をあしらいました。 もともとユーモラスなキャラクターであった大津絵ですが、浅井はさらにコミカルな表情やポーズを加味しており、ちがった面白さがあります。
画面上では分かりにくいですが、8枚のうち4枚は薄く罫線をつけて、一筆箋風にデザインしています。

鬼の念仏 外法の梯子剃 藤娘
   
鷹匠 外法と大黒の相撲 槍持奴
瓢箪鯰 長刀弁慶

「大津絵」絵はがき
1枚 50円
※分売です
鷹匠

「近江八景(魚栄板)」絵はがきセット
1セット(8枚組) 600円
※分売はありません。

近江八景〈魚栄板〉は、広重最晩年の傑作「名所江戸百景」と同時期に、同じ版元の魚屋栄吉から出版されたものです。「江戸百景」はゴッホが模写したことで有名ですが、本作も同様に、色版の用い方や、摺り出しが鮮やかな仕立てで、色彩感豊かな名所風景画といえます。
絵葉書は、8つの景色を画面いっぱいにあしらった、8枚セットです。


瀬田夕照 粟津晴嵐 比良暮雪 堅田落雁
石山秋月 三井晩鐘 唐崎夜雨 矢橋帰帆

「近江八景(保永堂・栄久堂板)」絵はがきセット
1セット(8枚組) 600円
※分売はありません。

広重は、生涯で20種類あまりの近江八景シリーズを手がけましたが、中でも傑作とされるのが、この〈保永堂・栄久堂板〉です。彼の絶頂期の作「東海道五拾三次」の直後に制作され、海外で「雨と雪と霧の芸術家」と称賛された広重の真骨頂が、遺憾なく発揮されています。
絵葉書は、8つの景色を画面いっぱいにあしらった、8枚セットです。


比良暮雪 堅田落雁 唐崎夜雨
三井晩鐘 粟津晴嵐 瀬田夕照
石山秋月 矢橋帰帆

近江八景一筆箋
1冊 400円
表紙 比良暮雪(例)

「歌川広重 近江八景【魚栄板】」を大胆にあしらった一筆箋。
八景の各景勝を4枚ずつ全32葉で綴じており、近江八景の八景すべてが楽しめる一冊です。
サイズは縦19×8センチ。


大津絵一筆箋
1冊 400円
表紙 一筆箋

大津絵の図柄の中から館蔵の「鬼の念仏」と「長刀弁慶」を素材に一筆箋を作りました。
サイズは縦19センチ×8センチ。用紙は全32葉綴です。


近江八景シール
1枚 200円

歌川広重の近江八景〈魚栄板〉をシールにしたものです。
台紙には和紙を使用し、浮世絵の風合いを再現しています。八景の各景を1点ずつ計8点で構成しています。1点あたりのサイズは縦3.5×横2.3センチ程度です。


テレフォンカード
各50度数 500円

近江八景 唐崎夜雨
歴史博物館全景

歌川広重が描いた近江八景の唐崎夜雨と、当博物館の全景写真をテレフォンカードにしたものです。ご来館の記念にどうぞ。